読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかじまの開発ブログ

アプリ開発における備忘録などなど。

MENU

第一回【ichi pixel】主催者レポート

f:id:s_nakajima:20160829130620j:plain

こんにちは。初回を開催してから1週間経ちました。
ichi pixelの開催が決まって、まだまだ余裕やとか思ってた6月あたりからもう前日かエェ?!ってなってもう開催してから1週間経っちゃってるんですね〜。時が経つのが早すぎて早すぎてあっという間に来月のichi pixelが始まって〜(以下ループ)

ichi pixelとは

f:id:s_nakajima:20160829131205j:plain
ゲームを作るのが好きな色んなクリエイターが集まって、自分の作品を見せ合ったり、プレゼンしたりする飲み会。

なぜこのイベントを開催したのか?このイベントの目的は?

この部分を初回のichi pixelでうまく伝えられませんでした。というか「それでは主催に挨拶をしてもらいましょう」のフリをもらって全部ぶっ飛びました。

なぜ開催したのか…(少し記憶が曖昧)
私が開発に詰まってネットサーフィンをしていた際に、「Tokyo Indies」の存在を知りました。
Tokyo Indies - The Building of a Community
こ、こんなものがあったんか…!すげーすげー(小並感)羨ましいと思いました。

そして関東の色んなゲームイベントに参加をして、「関西にも開発者イベントなどの風がほしい…」と思うようになりました。

そして思わず、こんなことを
「KANSAI Indies... (ボソッ」

そしてそのボソッが、とある人(名前だしていいのかわからない)に拾われ、なんやかんやで開催できるようになりました。
(なんやかんやが知りたい場合は私に直接聞くといいです。っても大したことじゃないんですけどね)


このイベントの目的。これをちゃんと言えてなかったのを終わってから悔やみました。

ichi pixelで集まった人たちが繋がって、繋がるだけで終わらずその繋がった人たちで新しい何か(作品とか)が生まれたらいいなって思っています。
そのため、プログラマーばかりが集まるんじゃなくて、サウンドクリエイター、イラストレーター、シナリオライターなどなど、色んな種類のクリエイターが集まって欲しいと思っています。

今後は、自分の作品を見てもらうにはプレゼンの他にもどうしたらいいか?など改善点をいろいろ考え、それを実践していこうと思います。

いろいろ改善点はありますが、まぁ一番は楽しんでやりたいと思います!笑

イベントレポート

初回だから人数が予想できないねという話はしていて、facebookページの参加予定者も60人超えてたけどまぁ当日キャンセルも結構いると思うよっていう話をしていたんですけど、なんと当日は80人以上きましたね。いやびっくり。そしてありがとうございます!
f:id:s_nakajima:20160829151926j:plain
(プライバシーのため写真をぼやかしてます)
箱がパンパンで身動きが取れなかったというのも聞きました。

いやもう、人数多すぎてすみませんでした!
(しかし嬉しかったです)
わざわざこのイベントのために関西以外から参加してくれた人もいたりしてなんだか幸せでした。

プレゼンにつきましては、下記サイトがきっとわかりやすいです!
一條さんいつもありがとうございます。
jp.gamesindustry.biz

あとは雰囲気が分かりそうな写真数枚載せます
f:id:s_nakajima:20160829154010j:plain
(入り口)


f:id:s_nakajima:20160829154640j:plain
(入り待ち)


f:id:s_nakajima:20160829155428j:plain
(カウンターでチップとドリンクを交換)


f:id:s_nakajima:20160829153824j:plain
(会場の2階です。なんだか別世界が出来ている…?!)


f:id:s_nakajima:20160829154410j:plain
(名刺交換したり、プレゼン後の自由時間)


f:id:s_nakajima:20160829155220j:plain
(自分の作品を見せたり)


そんなこんなで毎月やるので皆様のご参加お待ちしております!(*‘ω‘ *)
プレゼンターも募集しますので、ichi pixelのツイッターをチェックです。
twitter.com


それでは運営チームの反省会してきまーす(=゜ω゜)ノ

広告を非表示にする